東日本大震災10年 あかし testaments

青森県立美術館 監修

発行:インスクリプト

定価:本体3,900円+税
2021年11月16日書店発売

B5変型判上製 丸背ホローバック縢綴じ 小口三方墨箔 244頁
ISBN978-4-900997-92-9
デザイン:須山悠里

青森県立美術館『東日本大震災10年 あかし testaments』

かつて生じたことで、歴史にとって、失われたと見なされるものは何ひとつない。(W・ベンヤミン)

無告の人々の生を象り、歴史の「灯=あかし=証」をかかげる作品群に、被災地と東アジア現代史が反照し、抵抗の空間が立ち上がる──。好評開催中、青森県立美術館企画展〈あかし〉(2021年10月9日〜22年1月23日)の展覧会図録。

作品収録作家──北島敬三、山城知佳子、コ・スンウク、豊島重之。

テクスト──李静和、倉石信乃、八角聡仁、高橋しげみ。

忘却へと傾く東日本大震災の記憶の風化に抗して、その記憶を喚起し、無名の人々の生を拾い上げ、記憶にとどめようとする作家達の代表作を掲載。うち捨てられ無視されているもの、弔いもされずに放置されたもの……。東日本大震災災後10年。この10年の時間の移ろいを問うことは、沖縄戦や済州島4.3蜂起に潰えた数多の無告の生を掬い取る行為に繋がり、東アジアの戦後史をも反照するものとなった。
この展覧会の全貌を、カラー168ページにわたる作品および作家論、笹岡啓子撮影によるインスタレーションビュー、巻末資料で構成し、須山悠里のブックデザインによりお届けする。

 

小さく目立たないもの、弱いもの、打ち捨てられて無視されているもの、一言も聞き届けられずに葬られているもの、弔いもかなわず放置されたもの、放置の過程さえ忘れ去られて歳月を重ねたもの。本展では忘却へとくずおれる記憶の欠片、その一つ一つを生きられた「あかし」として、特別な場所を取り戻そうとする企ての数々と、出会うことができるだろう。それらの作品には、そうした企てを少しずつでも貫徹する以外に、重要な〈イメージ〉の仕事などありえないという思考と決意が込められているはずだ。(倉石信乃:本書より)