中上健次論

渡邊英理 著

定価:本体4,000円+税
2022年7月19日書店発売

四六判角背上製 かがり綴カバー装 520頁
ISBN978-4-900997-86-8
装幀:間村俊一
カバー・口絵写真:小原佐和子

最難関のテクスト『熊野集』を中心に、『地の果て 至上の時』『千年の愉楽』など、路地を舞台とする中上健次の小説群に焦点をあて、それらを(再)開発文学の視座から捉えなおすことで、複数の方向に開かれた路地の「仮設」性に、脱国家・脱資本・脱人間主義を志向する〈路地のビジョン〉=中上思想の核心を見出すとともに、サバルタン研究、クィア批評を援用し、ポストヒューマンの哲学をも方法論的概念として取り込みつつ、犀利な読解によって、中上健次を現在に接続。「路地は状態としてみれば停滞であるが、「運動としてみれば抵抗である」(竹内好)」。没後三十年を期して贈る、俊英による新世代の思想゠文学論。

「路地は、極小であっても千年王国として、熊野と拮抗し、日本と拮抗したのである。」(中上健次)

「本書は、路地を舞台とする中上健次の小説群、路地小説をめぐって書かれている。路地とは、(再)開発を表象する空間であるが、同時に、(再)開発に抗する文学的かつ理論的な構え、思想的なビジョンである。ビジョンとしての路地の核心は、その「仮設」性に見出すことができる。[…]脱中心的で偶発性に開かれ、その未決の複数性と多義性ゆえに群れとして形象化されうる路地の「仮設」性は、[…](再)開発に対する抵抗性において、国家と資本に益する「生産性」へと還元されることを拒み、[…]それとは異なる社会のあり方を探求する構えでもある。したがって、中上の路地とは、国家に抗い資本に抗う、脱国家的かつ脱資本的な志向性をもつ社会として構想されていたと言えるだろう。」(本文より)

「中上の言葉が、その「失敗」の試みも含めて、この社会を息苦しく思う人々や資本と国家の圧政に抗して生きることを願う人びとにとって、この世界のあり方を問い、その生を支えるためのかけがえのない思想資源となりうる。本書の執筆を支えたこの確信に近い仮説は、書き終えたいまでも変わっていない。」(「あとがき」より)